一度ブラックになったら永久にカードローンは組めない?金融ブラックが信用情報機関に記録が載る期間を解説

一度ブラックになったら永久にカードローンは利用できないんですか?

 

当サイトでは便利なキャッシング会社としてSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなどを紹介しております。

 

プロミスは30日間無利息キャッシングサービスがあったり、最短1時間で利用できるなど非常に便利なキャッシングサービスです。

 

そのため、多くの方が利用しており、安全に利用できるため、申し込みを検討している方も多いかと思われます。

 

キャッシング初心者のかたにとって、安心して利用できるサービスですので、ぜひご利用を検討しましょう。

 

SIMガール

 

しかしながら、過去にキャッシング関連のトラブルがあった「金融ブラック」の方はプロミスの審査に通過できません。

 

下記ではどういった方がブラックと呼ばれるのかそれぞれ解説します。

 

多重申込みブラック

 

キャッシング会社に申し込む際に、審査に落ちていたらどうしようと不安になり、一度に3社以上の会社に申し込んだりする方が稀にいらっしゃいます。

 

キャッシング会社としては、そういった多重申込みをしている方は、お金に関するトラブルに巻き込まれているというリスクがあるのではと審査に通過させるわけにはいかなくなるのです。

 

このように、キャッシング会社に多重申込みをしますと、その情報が信用情報機関に残ってしまい、審査において著しく不利になってしまうのでご注意ください。

 

延滞ブラック

 

キャッシング会社への返済を複数回に渡って返済し、それを放置していますとその情報が信用情報機関に残ります。

 

キャッシングの延滞を放置するような人物にキャッシング会社としてはお金を貸すわけにはいかないため、やはり審査においてかなり不利になります。

 

延滞ブラックの履歴が残っていますとほとんどキャッシング会社の審査に通過できませんので、ご注意ください。

 

債務整理ブラック

 

読んで字のごとくといった感じですが、債務整理をしたという情報も信用情報機関に残ります。

 

債務整理というのは返済能力がないと認められて、無理なく返済できる金額まで減額してもらう整理方法のことです。

 

そのため、債務整理をした人=返済能力が無い人とみなされてしまうため、新たにキャッシングサービスやクレジットサービスを利用できなくなるのです。

 

 

以上のようなブラックと認定された方は、キャッシングの審査において不利になってしまいます。

 

ですが、何も永久にこの情報履歴が残るというわけではないので、金融ブラックの情報が消えた段階で申し込みましょう。

 

多重申込みブラックについては6ヶ月、延滞ブラック・債務整理ブラックの情報は5年で消えます。

 

そのため、ある程度の時間が経てばブラックの情報は消えて、他の申込者と同じ条件で申し込むことが可能になるのです。

 

プロミスは利用者に安定した収入があり、ブラックの情報がなければ幅広い属性の方の利用を認めています。

 

信用情報機関から記録が消えていれば、便利なプロミスを利用できるようになりますので、ブラックの方も時間をおいて申し込みを検討してみましょう。

 

SIMガール