専業主婦(主夫)がクレカ(クレジットカード)や他社借り入れのおまとめ・借り換えするなら低金利かつ総量規制対象外の銀行カードローンがお得

専業主婦(主夫)がクレカ(クレジットカード)や他社借り入れのおまとめ・借り換えをするなら低金利で総量規制対象外の銀行を利用しましょう

 

専業主婦(主夫)というと、総量規制の影響があるため、消費者金融の利用を認めてもらえないのが常となっております。

 

総量規制とは利用者本人の年収の三分の一を超える貸し出しを制限するという規制です。

 

専業主婦(主夫)は配偶者の方が収入を得ていても、専業主婦(主夫)本人の収入はゼロになるかと思われます。

 

ゼロですと、三分の一してもゼロですので、総量規制の影響を受ける消費者金融ではキャッシング審査に通過することができないのです。

 

そのため、専業主婦(主夫)の方がクレカ(クレジットカード)や他社借り入れのおまとめ・借り換えを申し込んでも審査に通過できません。

 

ですが、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でしたら総量規制の対象外のため、専業主婦(主夫)の方でも審査に通過することが可能です。

 

SIMガール

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は本人に収入がなくても、配偶者の方に安定した収入があれば利用条件を満たすことができます。

 

つまり、専業主婦(主夫)の方でも配偶者の方に安定した収入があると認められれば、審査に通過することが可能となるのです。

 

消費者金融では配偶者に収入があっても利用は認められませんので、これは大きなアドバンテージが三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』にあるといえるでしょう。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は元々クレカ(クレジットカード)や他社借り入れのおまとめ・借り換え先として人気の高い銀行です。

 

年4.6%〜14.6%と金利も低く、おまとめ・借り換えをすることで返済の負担を大幅に減らすことができますので、ぜひ三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』を利用しましょう。

 

 

専業主婦(主夫)もパートを始めれば消費者金融を利用できるようになります。

 

上記では専業主婦(主夫)の方は総量規制の影響で消費者金融を利用できないと説明しましたが、対策をとれば利用可能となります。

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスはパートをしている主婦の方でしたら利用が可能となりますので、専業主婦(主夫)の方もパートを始めれば利用できるようになるのです。

 

プロミスは総量規制の影響を受けるため、年収の三分の一までの借入しかできなくなっております。

 

ですが、プロミスは元々1万円から借りられる少額キャッシングに強みを持つ会社ですので、ちょっとしたお金を借りる際に便利です。

 

また、30日間無利息キャッシングサービスもあり、返済額がそれだけお得になりますので、主婦の方々にもオススメとなっております。

 

プロミスは申し込んでから最短1時間で借り入れが可能になりますし、借り入れ手続きもインターネットで簡単に行うことができ、便利です。

 

以上のように、パートを始めれば主婦の方にも便利に利用していただけますので、ぜひSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの利用も検討しましょう。

 

SIMガール