キャッシング審査が通らない人の特徴!審査に通るコツ(ポイント)を掴むためには審査に落ちた理由を考えましょう

キャッシング審査が通らない人の特徴について解説します!

 

当サイトをご覧の方の中には、すでにキャッシング会社に申し込んだけど審査に落ちてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

 

キャッシング審査というのは厳しく行われるもので、きちんと対策をとっていないと審査落ちすることも多々あります。

 

ですが、逆に言えば、きちんと対策をとっていれば審査に通過することはそれほど難しいことではありません。

 

当記事では、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの審査に通らない人の特徴について解説します。

 

あえて、審査に通らない人の特徴をあげますので、自分がその特徴に該当していないか改めてご確認ください。

 

審査が通らない人の特徴を理解した上で、自身を改善すればプロミスの審査に通過できる可能性が高まりますので、改めてお申し込みをご検討ください。

 

SIMガール

 

収入が安定していない

 

プロミスに限った話ではないのですが、どのキャッシング会社も利用条件として「安定した収入」を掲げています。

 

安定した収入がない人物にお金を貸しても、返してもらえる見込みが全くありません。

 

そのため、利用条件に「安定した収入があること」という条件を掲げ、審査でこの条件が満たされているか確認しているのです。

 

つまり、収入の安定性が保たれていないのに申し込んでも審査に通らないことになります。

 

逆に考えれば、収入の安定性が取れていれば審査通過できる可能性も十分見込めますので、まずはこの条件を満たしましょう。

 

収入の安定性というのは正社員でなくても、アルバイト、パート、派遣といった仕事でも、シフトの調整次第で確保できます。

 

つまり、職種ではなく、収入の安定性が取れているかという点が最も重要ですので、まずはそこを意識しましょう。

 

プロミスは収入の安定性が保たれていれば、幅広い方の利用を認めてくれますので、ぜひ安全性を確保してお申し込みを検討してみてください。

 

 

書類がきちんと提出できていない

 

プロミスは書類の提出などがきちんとできていれば、勤務先の会社電話連絡なしで利用できるようになりました。

 

在籍確認も書類確認で行われるため、審査においては書類確認がメインとなってきます。

 

そのため、書類の提出がきちんと出来ていなければ、審査のベースとなる部分が欠けていることになってしまいます。

 

プロミスはインターネット申込でしたら、書類提出も全てインターネットによる簡単な画像のアップロードなどで提出が数分で完了することが可能です。

 

内容さえきちんと整っていれば書類提出が簡単に行えますので、ぜひインターネット申し込みを検討しましょう。

 

過去に返済の延滞履歴がある

 

過去に返済の延滞履歴などがありますと、その情報は信用情報機関に5年間履歴として残ります。

 

その履歴があれば、返済できない人物としてほとんどのキャッシング会社を利用できなくなってしまいますので、ご注意ください。

 

プロミスでしたら返済システムも充実しており、返済の延滞をしないようにできますので、そうした履歴が残りにくいです。

 

初めてキャッシングを利用する方も安心してお申し込みいただけますので、ぜひお申し込みを検討しましょう。

 

なお、延滞の履歴が消えたあとでしたら、問題なくお申し込みいただけますので、ご安心ください。

 

 

以上の点に気をつけていれば、プロミスの審査に通過できる可能性が高まりますので、ぜひご参考にしたうえでプロミスに申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

SIMガール